2010年07月18日

肩こりの治療をアドバイス致します。

人間以外の生物に当てはめる場合は単純に筋肉組織の発達した特性のみを指すことが多いが、人間の特性として考える場合は、長年にわたりスポーツ文化を発展させてきたこともあり、しばしば身体鍛錬の象徴としての意味合いがこれに加わる。筋肉痛(きんにくつう)とは、筋肉に生じる痛みのこと。ファイル:Skeletal_muscle.jpg right 400px thumb 骨格筋の構造 筋肉は複数の筋束からなる(中央上)。現在、マッサージは医療だけではなく、様々な健康増進目的で行われるようになっている。 ウエイトトレーニング(英:weight training)は、バーベル、ダンベル、マシンまたは自重などを使い筋肉に負荷をかけ体を鍛えるトレーニング。スポーツ・運動時前後には、筋肉緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(フランス語:massage マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ王国 タイ式や大韓民国 韓国式のマッサージも便宜的に「マッサージ」と呼ばれる。筋肉を収縮させながら力を発揮(短縮性収縮、或いはコンセントリック収縮)する運動ではほとんど筋肉痛が生じない。金属疲労として一般に知られているが、樹脂やガラス、セラミックスでも起こり得る。疲労(ひろう、Fatigue)は、物体が力学的応力を継続的に、あるいは繰り返し受けた場合にその機械的強度が低下する現象。材料の疲労現象は古くから一部の技術者の間で経験的に知られていたが、文献記述としては1837年、肩こり 神戸市ドイツのウィルヘルム・アルバートがコンベアチェーンの疲労に関する実験結果を報告したものが最初である。材料に対する疲労という用語を最初に用いたのはフランスのジーン・ポンスレーである。例として、筋力トレーニングにおけるベンチプレス運動を大胸筋の視点からみたとき、バーベルやダンベルを挙上していく動きが「短縮性収縮」、下ろしていく動きが「伸張性収縮」となり、この場合は器具の重量に抵抗しながらゆっくりと下ろす動きが大胸筋の筋肉痛を生む主要因になる。
posted by 肩こり改善できる君 at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。